カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

シミの原因


   シミの原因となるメラニン増加の要因は?

  メラニンが増加すると、排泄しきれずに沈着してシミになります。
  メラニンは、様々なことがきっかけとなり増加しますが、最大の原因は紫外線による刺激だと考えれられています。
  また、内臓のトラブルや妊娠、精神的動揺などもメラニンを増やす要因となります。



要因1 紫外線

紫外線が皮膚に当たるとメラサイトが刺激され、メラミンを生成します。また、皮膚表面近くの白色メラニンも、もとの黄褐色のメラニンに戻ります。大量に生成されたメラニンは、有害な紫外線を吸収する防護壁をつくり皮膚は黒くなります。これらのメラニンはやがて角質とともに剥がれ落ち、皮膚は元の状態に戻ります。

しかし、皮膚の一部では多量のメラニンをつくり続けてしまう場合があり、その場合、その部分の皮膚はいつまでも黒っぽくなってしまいます。これが日焼けのあとにできるシミです。
また、加齢により皮膚の動きが低下して、メラニンが表皮から排泄されず。基底細胞内に残り続ける場合もシミが発生します。
年をとってからの日焼けが厳禁だといわれるのは、こうのような皮膚の機能低下がシミを引き起こすからなんです。

紫外線がシミの原因


要因2 肝臓・卵巣などの内臓の不全

肝機能の低下により、代謝されなかった血液中の女性ホルモンはメラノサイトを刺激し、メラニンが増加することがあります。また、卵巣機能の低下や性ホルモンバランスの乱れもメラノサイトを刺激します。副腎皮質機能が低下することでも、抑制を受けなくなった色素細胞刺激ホルモン(MSH)が過剰に分泌され、メラニンを増やします。
といったようにホルモン分泌にかかわる内臓の機能低下が原因となるケースが多くなっています。



要因3 加齢

加齢とともに現れ、顔などにできる老人特有のシミを老人性色素班と呼びます。
ソバカスに似ている雀卵班性老人色素班は、おもに顔の側面(耳の前)、首の側面、手の甲、前腕などにできます。
また、大型老人性色素班は、大型の肝班に似ており、おもに頬、眉の周辺、下あごなどにできます。



要因4 妊娠

妊娠中に女性ホルモンが増加することでシミができます。これを妊娠性肝班と呼びます。腹部や陰部の黒さが目立ったり、目の周囲が黒くなったりするのが特徴です。妊娠1〜2ヶ月から見られ妊娠の後半期に目立ちますが、
分娩後2〜3ヶ月で自然に消滅します。



ストレス

ストレスなど心理面での不安定は、ホルモンの分泌や自律神経に大きな影響を与えます。
ストレスにより視床下部および脳下垂体からはMSHも分泌されています。そのためメラニン合成の指令がメラノサイトに届き、メラニン合成が促進されることになるのです。



要因6 炎症後(アレルギー皮膚炎の跡、あできの跡)

敏感肌の人は、アレルギー性皮膚炎を起こすことがありますが、この皮膚炎が治ったあと、その部位にシミができることがあります。炎症の原因は化粧品から装身具(金属)、ごみやホコリ、下着など多々あり、個人により異なります。とりわけ敏感肌でなくても女性は化粧品によるトラブルを起こす機会が多いと言えます。化粧品の乱用や粗悪な原料の化粧品の使用、薬品の影響などいくつかの原因が重なっていると考えられます。

また香水などで、カブレを起こした皮膚に色素沈着が起こるベルロック皮膚炎があります。これは香水に含まれるベルガモット油に皮膚が刺激され、日光が当たって色素沈着を起こしたものです。アロマテラピーに使うエッシャンシャルオイルにも同様の危険性のあるものがあるため、注意が必要です。

気になるシミケア


  シミのスキンケア方法

ページトップへ